文學堂(ぶんがくどう)は、京都発ステーショナリー・ブランドです。ニッポン文学の心に響く物語を、ニッポンの暮らしの中で楽しむアイテムに。
by bungakudo3min
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ:夏目漱石 ( 3 ) タグの人気記事
2015年 03月 01日
京都 恵文社さん
3月1日から恵文社さんで文學堂フェアが始まりました!
なんと1ヶ月×1文豪の5ヶ月間ロングラン!

e0289998_1827859.jpg


e0289998_1828362.jpg


スタートは夏目漱石シリーズです。
これから書籍がじょじょにさしこまれていくとのこと
どんなコーナーになるか楽しみです

e0289998_18272962.jpg


文學堂カードも作っちゃいました〜。
京都のみなさん宜しくお願いします!

文學堂/堀場
by bungakudo3min | 2015-03-01 18:28 | イベントのこと
2013年 04月 10日
広島県立美術館
3/26〜5/6まで、広島県立美術館で開催中の
「夏目漱石の美術世界展 美術は小説よりも奇なり・・・」展

e0289998_122499.jpg


展示に連動いたしましてミュージアムショップで文學堂の
夏目漱石シリーズをお取り扱いいただいております!

美術と文學、素敵で斬新な企画展です

お近くにお越しの際には是非
by bungakudo3min | 2013-04-10 01:23 | イベントのこと
2013年 02月 26日
ヱビスビール記念館モデル
2/25はヱビスビールの日。生誕123年だそうです。
恵比寿にありますヱビスビール記念館のリニューアル企画で
文學堂では、限定モデルを3柄、制作させていただきました。

文學堂なので、ビールの登場する作品を
夏目漱石先生の『二百十日』より2柄(左)
と『吾輩は猫である』より1柄
e0289998_13501220.jpg


『二百十日』の本文中「ビールは御座りませんばってん、恵比寿なら御座ります」
碌(ろく)さん、圭さんとがお世話になる阿蘇の旅館の女将さんとのやりとりの場面

『吾輩は猫である』は、ビールを見つけた吾輩(表)とビールに口つけた吾輩(裏)
「・・・ビールを飲み干したとき、妙な現象が起った」

漱石先生は下戸だったようで
その反動からか作品中に度々ビールが登場するようです

ヱビスビール記念館のみでの、限定販売となります

恵比寿にお出かけの際には、是非!
by bungakudo3min | 2013-02-26 14:04 | 商品のこと